脚長差の靴 保険適用 オーダーメイド整形靴店

脚長差 靴 立川靴工房

インソールで高さ調整

立川靴工房の脚長差 用の靴、

アウトソール(本底)で高さを調整するだけでなく、

インソールで高さを調整することができます。

見た目の違和感をなくす効果があります。


保険適用により7~9割の還付が受けられる場合があります。

お気軽にお問合わせください。

東京、多摩、八王子、日野、昭島、青梅、羽村、福生、あきる野、日の出町、

武蔵村山 、東大和、立川、国立、国分寺、小平、小金井、調布、府中、三鷹、武蔵野
にお住まいの方には、出張採寸も承ります。

地域によって出張料金が異なりますのでお問合わせください。

ストレスの少ないストレッチ素材の人工皮革靴のご提案

脚長差の方へストレスの少ない天然革の風合いそのままの人工皮革靴のご提案

 

詳しくは 人工皮革 靴

人工皮革の靴

脚長差の靴 作成事例

脚長差の靴
脚長差の靴

70歳代女性 脚長差の靴

 

股関節を曲げるこに制約があることと

脚長差があるために靴選びにお困りのお客様です。

 

脚長差についてはインソールとヒールを合わせて2cmの脚長差の調整をしました。

 

モデルとした靴は紐靴ですが、足を曲げることなくステップインで履けるように履き口を調整して設計しました。

 

脚長差と足を曲げないでも履ける靴ができてとに喜んで頂くことができました。

 

 

 


脚長差の靴
脚長差の靴

60歳代女性 脚長差の靴


右足2cmの脚長差をインソールで修正、

見た目も違和感なくまとまっていることに

喜んで頂きました。

見た目だけではなく、とても歩きやすくなったことにも喜んで頂くことができました。


脚長差用ルームシューズ

70歳代女性 脚長差用のルームシューズ

 

サンダル式の脚長差用の装具靴を着用していましたが、不安定感が心配になり踵の付いた靴を作りたいということでご来店頂きました。

室内で着用するために脱ぎ履きの簡単な事と蒸れないことを考えてパンプススタイルのデザインを提案させて頂きました。

足に密着する感じで安心感があると喜んで頂きました。


脚長差の足
脚長差の靴

70歳代女性 脚長差の靴

 

脚長差が4.5cmがあり、アウトソールで脚長差を調整しました。

アウトソールで調整した方の靴は、つま先が曲がりませんので、アウトソールをローリングして足を運ぶようになります。

靴の使い方に慣れれば今まで片足で体重を支えてる状態から両足に体重をかけられるようになるので、体への負担も少なくなると思います。


30歳代女性 脚長差の靴

 

今までの歩き方の延長で高さを補正することを医師と相談して決めました。

一様に脚長差を付けるのではなく、踵から土踏まず部分を支えるインソールを作成しました。

立脚時に片方のお尻が下がることなく、肩を揺らして歩くことも抑えられるようになりました。

今まで使っていなかった関節、筋肉への負担がかかるようになりますので少しづつ使っていなかった筋肉を鍛えていくことが必要になります。


脚長差の靴

8cmの脚長差に対応した靴です。

レディーガガの靴みたいですね。

アウトソールで高さを調整する方法と異なり、インソール側で高さ調整する方法は難易度が高くなります。

つま先の釣込みは桁違いに時間がかかります。

と言っても靴を作る人でないと何のことかわからないですよね。


脚長差の足
脚長差の靴

3cmの脚長差の靴

右足の外回にも対応しました。

普通外回の対応は、インソールで内側ウエッジをつけて対応しますが、その修正では靴を内側に引っぱってしまい足の収まりが悪くなります。立川靴工房独自の修正方法によりに最適の収まりになうようにしています。