外反母趾と予防

外反母趾とは、足の親指が小指の方向に曲がっていく症状の総称のことです。

筋肉の横中足靭帯の機能低下などにより、指の付け根にある横中足靭帯が伸びたり緩んだりすることで症状が出ます。

親指が小指側に曲がり、小指が親指側に曲がる内反小指となるかたもいます。

女性の方が男性より筋力が劣る為、重力の影響を受けやすく外反母趾になりやすく、さらに、かかとの高い靴を履くなどする為に、前足部の横アーチに負担がかかることも原因の一つとなっています。症状が進行してくると歩くと痛みを感じるようになります。

初期段階は可逆期とよばれ、足の親指が外側に曲がっていても、内側に曲げようと力を入れたり、外側から力を加えれば元の状態に戻る時期です。

さらに症状が進むと、拘縮期となり、足の親指を正しい位置に戻そうとしても戻らなくなります。

最終的には終末期となり、親指の関節が脱臼した状態となります。

外反母趾の予防にはなるべく前足部の横アートに負担がかからない、また、横アートをサポートするインソールを使用することが大切です。

 

外反母趾靴