外反母趾の原因

外反母趾は、母趾(親指)が外側(小指のほう)に曲がってしまった状態をいいます。

親指が外側に曲がってしまうことによって、親指の付け根の関節が内側に飛び出してしまうことになります。

強い痛みがおこり、ひどくなると日常生活が難しくなってしまいます。

外反母趾の原因は、女性が履くハイヒールなど前足部に荷重をかけることにより横アーチが維持できなくなることから始まりまります。

そして、もともとの外反母趾の原因は、足裏の筋肉不足、骨格弛緩が最大の問題です。

筋肉不足の方が、ハイヒールなどの足に合わない靴を履き続けると、親指が変形してしまいます。

外反母趾かもと思ったら、対策をとりましょう。最初は靴を履いた時だけ痛んでいたのが、立っているだけで痛むようになり、変形が進むと親指が人さし指に重なってしまい、歩くことがつらくなってしまいます。外反母趾が増えた原因は、歩く機会が減ったことが関係しています。歩くことが減ったため、足の筋肉が弱くなっているのです。足を使う体操をするなどして、予防・治療しましょう。外科的治療を受けなくても良いように、初期の段階から整形外科のアドバイスを受けましょう。

 

外反母趾靴