ハーバード式聴くだけ集中力が高まる本/川崎康彦

ハーバード式聴くだけで集中力が高まる本

著者/川崎康彦

出版社/フォレスト出版

 

私がこの本を読むきっかけになったのは、検査入院をした時に周りの人の声や咳などが気になり眠れないで困ったことから、ストレスは耳からの情報で感じると思い、入院中に外出して本屋さんで聴くことに関する本を探していて見つけた本です。

この本の中では、人間の可聴範囲を超える超高周波を聞くことで、古くから人間に備わっている生命を司る脳幹を鍛え、心を整えるということが書いてある本です。

 

脳幹のコンディションを整えることで、

オキシトシンー>ドーパミンー>セロトンー>メラトニンといったホルモンの連携力がおこり自律神経が安定して集中しやすい環境になるということです。

この本のなかで超高周波を聞くための付録音源がついていますが、ハイレゾを再生するプレーヤーとハイレゾ音源を聞くためのスピーカーやヘッドホンが必要になるため簡単には体感することはできません。

72弁以上のオルゴールには超高周波を体感することができるようですが、5万円ぐらいから30万円ぐらいするものなので手軽に体感することがではないのが残念なところです。

集中力の効果のほどを体感できるまでには至っておりませんが、マインドフルネス瞑想をするときに、ハイレゾ音源、72弁のオルゴールを聞くことで、心地良い感覚になることは体感できました。

心を整えて、何をするかを考えて行動することで、生活の質(QOL)上がるのではないかと思います。

先日まで、聴覚に関するブログを書きましたので、関連した書籍を紹介をさせて頂きました。

機会ありましたら、ハイレゾ音源、72弁以上のオルゴールを聞いてみてください。

 

QOLを上げるためのメンタルトレーニングについてのブログがあります。

よろしければご覧ください。

認知から解放する生き方-辻秀一