外反母趾靴,リウマチ靴職人のお散歩日記#93

天気/

くもり

評価した靴/

2019年モデル

評価したインソールの仕様/

Point No:

右:N131

左:N131

 

歩行初期の踵接接地の際に大腿四頭筋が活躍しますが、そこでの安定感を感じましたす。

踵接地が安定して着地ができると、

その後の歩行中期で体幹を股関節にしっかりと乗せられ、重心を高いところから位置エネルギーを使い前に進めることができるので、この左右の脚の入れ替えができることが歩行の難しい所であり、スムースな歩行にはとても大切なことです。

私のお客様にもこの点をいつもチェックして心掛けるようにしてもらっています。