外反母趾靴,リウマチ靴職人のお散歩日記#114

天気/

くもり

評価した靴/

2019年モデル

評価したインソールの仕様/

Point No:

右:N14

左:N14

 

 

ポールを持たないウォーキングのときにはケイデンス(1分間当たりの歩数)が少なくなります。

それは、腕の振りが遅くなるからだと思います。

腕を広げて体を回旋させるより、腕を縮めて体を回旋させた方が速く回せますよね。

それと同じで、ポールウォーキングのときには腕を縮めていて、持たないときには腕を下げています。

その差が上半身の回旋の速さにつながってケイデンスに差が出てくるのだと思います。

ポールを持ったつもりでウォーキングしても同じようにケイデンスが上がりますので試してみてください。

 

ケイデンスの平均は、年齢、性別、脚の長さ、体調、やる気によっても異なりますが、120~130歩/分といわれています。

 

ホーム