外反母趾靴,リウマチ靴職人のお散歩日記#115

歩幅、歩向角、歩隔
歩幅、歩向角、歩隔

天気/

晴れ

評価した靴/

2019年モデル

評価したインソールの仕様/

Point No:

右:N14

左:N14

 

 

昨日はケイデンス(1分間当りの歩数)に関するお話をしましたが、高齢者になるとケイデンスが下がるといわれています。

高齢者における歩行の変化は、歩行スピード、ケイデンスの低下、歩隔の増大、つまずかないように足指のクリアランスが大きくなるなどの特徴があります。

これらはどれも高齢者の体力の低下、間接可動域の低下などから歩行を安定させるためだといわれています。

歩行を安定させながら運動量、運動可動域を増加する歩き方をするためにもポールウォーキングはおすすめします。

 

 

ホーム