外反母趾靴,リウマチ靴職人のお散歩日記#154

 天気/

くもり

評価した靴/

2019年モデル

評価したインソールの仕様/

Point No:

右:N2

左:N2

 

 


図1/歩行時の蹴り出し
図1/歩行時の蹴り出し
図2/外側荷重の対策
図2/外側荷重の対策

本日のインソールの仕様は、蹴り出しのときに前足部内側に荷重を掛けやすくするように調整しました。

しかし、昨日とは違う方法でのアプローチをしてみました。

昨日は、図2の青丸のところで調整をしましたが、今日は赤の斜線の部分で調整をしてみました。

同じように外側荷重を内側に誘導するのですが、青丸の方は被験者が意識して内側に荷重を誘導するのに対して、今日の赤の斜線の方は、着地したら自動的に内側に誘導するものです。

なので、着地の際に内側に押し出される力が働くのでヒールロッカーの機能がしずらくなることが懸念されます。

私が考案した調整方法なので、足の機能を活かすためにも青丸の方がおススメなのですが、それぞれの方の歩き方がありますので一概に青丸の方がよいとはいえません。

苦労して考案したものがお客様に良いとは限りませんので。

思い込みは禁物です。

 

ヒールロッカーのブログ

 

 

ホーム