脳力/「神経細胞」と「グリア細胞」

神経細胞の構造

脳は、「神経細胞」と「グリア細胞」という2種類の細胞によって構成されています。その割合は、神経細胞が脳全体の10%ほどであり、残りの90%をグリア細胞が占めています。しかし、脳の活動の主役は神経細胞です。神経細胞は、電気信号を発して情報をやり取りする特殊な細胞であり、神経細胞同士が連携することで巨大な情報ネットワークを形成しています。グリア細胞は、神経細胞の間を埋め、神経細胞の活動を補助する細胞の総称のことをいいます。

神経細胞は、核を持つ「細胞体」、細胞体から四方八方に伸びる「樹状突起」、1本の「軸索」から構成されています。これを一つの単位として、「ニューロン」とも呼びます。

神経細胞が互いに連携を取り、情報が脳内、そして体全体へと伝達されることで、私たちは考えたり、体を動かすことができます。その際、軸索が電気信号の「送り手」であり、樹状突起が電気信号を受け取る「受け手」です。

軸索は、末端で枝分かれしながら、ほかの神経細胞の樹状突起へと伸びていきます。このように、神経細胞は、互いに連携することで情報の伝達を行いますが、神経細胞同士は密着しているわけではなく、一つ一つが独立して存在しているため、神経細胞の伝達には工夫が必要です。

 

  日本成人病予防協会 総務省認証 学術刊行物より

 

ホーム