聴覚/電気信号によって脳で音を感じる

電気信号の伝達経路
電気信号の伝達経路

<電気信号によって脳で音を感じる>

電気信号に変換された音の情報は、蝸牛神経に伝わります。蝸牛神経は脳の延髄につながっており、電気信号は延髄にある蝸牛神経核へと伝わります。

その後、電気信号は橋(きょう)や中脳を経由して、大脳皮質の聴覚野に伝わり、音を感じることができるようになります。

図は、電気信号が右耳から脳へ伝わる様子を示したものです。右耳の場合、電気信号の多くは延髄に伝わる時点で左側の神経核へと伝わり、そして左側の聴覚野に届けられます。反対に、左耳から伝わる音の電気信号の多くは右側の聴覚野へと伝わっていきます。

 

   日本成人病予防協会 総務省認証 学術刊行物より

 

ホーム