外反母趾靴,リウマチ靴職人のお散歩日記#109

ポールを使った基底面の比較
ポールを使った基底面の比較
ウォーキングポール
ウォーキングポール

 

 基底面から重心がはずれなければ倒れないというお話をしました。

「ポールを使った基底面の比較」の図では、赤の点線で囲まれた基底面がポールを使わなかったときの基底面です。

この範囲内に緑の丸の重心が入っていれば身体は倒れにくくなります。

また、青で囲まれた基底面がポールを使ったときにの基底面です。

この範囲内に緑の丸の重心が入っていれば身体は倒れにくくなります。

このように、ポールを使った基底面は広く安定した歩行ができることになります。

 

基底面から重心がはずれて立っていられるのは、マイケルジャクソンさんぐらいではないでしょうか?

この靴の仕掛けは、マイケルジャクソンさんが特許を取っているみたいです。

 

※重心は、大体おへそのあたりだと思ってください。

 

 

 

ホーム